ホーム > FX > FX取引手法のスキャルピングについて

FX取引手法のスキャルピングについて

私は昨年の8月までは、ほとんどのFX取引手法がスキャルピングでした。

特に昨年の前半はそれほど相場の変動がなかったので、スキャルピングだけで結構稼げていたのですが、8月後半からの右肩上がりの円安に、素直に乗ることができず、逆張りをしては損失を繰り返してしまいました。

なんとか12月中旬の115円台から120円への円安で何とか収支をとんとんに持ち込むことができ、何とかFXでは収支をプラスマイナスゼロにすることができました。

先物取引もしていたので、原油の下落に合わせて11月末からの下落で何とか年間の収支をプラスにすることができました。

しかし、今年の為替はほんとに読みにくい。

ただ、スキャルピングが得意な私は、いまのように変動幅がそれほどでなく、小刻みに動く相場のほうが得意なので、なんとか今年に入ってはプラス収支で推移しています。

ただ、スイスフランの時は本当にびっくりし、顔が青ざめましたが、その日はたまたま取引してなかったので運が良かったと思います。

FX VPSについて